明るく前向きな40代からの終活

エネルギー理論

葬式が教えてくれていること

誰もが死を考えた時、明るい気持ちになることはないでしょう。

特に若い人のほとんどが、身近な人の死に直面することが少ないからです。

私は40代後半から同級生、先輩、同じ世代の知り合いが突然亡くなることが

少なくありません。その時、何を感じるのか。

亡くなった人がどう思って亡くなっていったのかを考えます。

子供が小さかったり、親より早く亡くなったりと、さぞ残念だっただろうかと、いつも考えます。

葬式というのは誰のためにやるのか?もちろん亡くなった故人を

弔うためでもありますが、もっと大事なのが送る人たちが、

その死に対し、これから何を思い、どう生きるのかを教えるためにあるのです。

そして命は限りがあって無限ではなく、誰もが必ず通る道だということを

葬式は教えているのです。

残念⋯念が残らないためにも

命とは時間であり、肉体を持つことの時間を与えられて、今生きています。

今を懸命に生きることは、悔いのない生き方でしょうが

何に懸命、命を懸けるのかです。

これは自分のミッション、使命を見つけそれに命を使うことと同じです。

それが二度目の死、存在の死が無い生き方で、自分が亡くなっても

いつまでも自分の存在を、誰かが伝え続けてくれるような何かを、

今から見つけることです。

中二病のように身の丈に合わせない、自分を強がって見せたい時期が誰でもあるそうです。

でも大人になって歳をとって知恵がついてしまい、自分の器以上のことには

手を出さなくなります。

でもこれが念が残る生き方、残念な自分にしてしまうことに、繋がるのです。

もう一度、中二病のように生きてみる⁈

「俺はこのままでは終わらない」「俺が本気出したら⋯」と

本当に中学生だったら、知恵もなく実力もないから強がりで終わってしまいますが

40代からであればどうでしょう。

これまでの経験や知恵や人脈、経済的にも中二の頃に比べたら何だって出来ます。

よくよく考えてみると、気がつかず残念な大人の生き方をしているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました