エネルギー理論 Ksエナジーメソッド メンタリング

Ksエナジーウェブ事業

経験者(メンター)と未経験者(メンティー)

エネルギー理論 Ksエナジーメソッドで家系図を作成 vol46

エナジーメソッドはメンタリングという人材育成方式を使って、

経験者(メンター)と未経験者(メンティー)で、

課題達成の目標と目的を明確にして、

期限付きで計画し一緒に進めていきます。

家系図はノウハウがあれば、誰でも作成することが出来ますが、

一人で調べながら進めるために、ちょっと手間がかかるのことや、

どうしても空いた時間にやるので、先延ばしになってしまい、

目的が薄れて中途半端に終わってしまうことが大半です。

そうならないためにメンタリングの、

メンター(経験者)とメンティー(未経験者)は、家系図を作成する目的と期限を明確にして、

エネルギー理論の法則を基にして、課題達成のために、問題と解決を繰り返し、

段階を上げて行きます。

メンターの役割を通じてスキルアップ

そして、家系図作成が完成し、

メンティーはメンターになって、次のメンティーに家系図を作成する目的、

これまで教えられてインプットして身に付けた経験を、

アウトプット、誰かに教えることで知識を深めます。

Ksエナジーメソッドの目的はエネルギーを上げることです。

エネルギーを上げるために、まずはエネルギーを知ることです。

エネルギー発生の原理 相対の法則

エネルギーは相対の法則の相対する二つが無いと発生しません。

一人で調べて家系図を作るより、

メンタリング方式でメンター、メンティーとシェアしながら

期限を決めて作った方が効率よく進められますし、

シェアするからこそ、喜びや感動を分かち合うことが出来ます。

エナジーコンサルタントになるには、まずは自分のルーツ知るため、

私がメンターになって基本的な手順を踏んで、

初めて家系図を作るメンティーと一緒に取り掛かります。

この時、教えるメンター教えられるメンティーと、

どちらが勉強になっているのかは、

メンターの私の方が勉強になります。

いきなりメンターになるのではなく、

分からないことがあれば、調べてクリアする。

こうして酸化と還元を繰り返し段階を上げることです。

メンティーは、エネルギー理論で、インプット、アウトプットを繰り返し、

参加された方、みんながメンターになっていくことが、エナジーメソッドのメンタリングです。

メンターとは

メンターの定義は、

お役立ち精神を持って支援する人ですから、

メンターはエネルギーを上げなければなりません。

私たちは、やってもらったことに感謝して、

誰かにやってあげることで社会が成っています。もし、やってもらう人ばかりの依存するだけの、

社会になってしまうと、家庭も会社も成り立ちませんし、

世の中は崩壊してしまいます。

いかがでしたか

日本の精神には報恩謝徳が根底にあります。

報恩とは恩に報いることで、

謝徳は恩そのものの恵みに感謝することです。

この世の中、特に私たちの国、日本はそういった民度が高く、

日本の国は感謝というエネルギーで創造されているのです。

その感謝の原点は、自分のルーツを知ることで、

エネルギーを上げる、それがksエナジーメソッドなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました