エネルギー理論 やる気を引き出す3つの提言。「やる気とその気を使いこなす」

エナジーWebスクール

やる気を引き出す3つの提言。「やる気とその気を使いこなす」

誰でもいきなり「やる気」にはなりません。「やる気」にさせるには、

やる気の前の段階、「その気」があります。

この話は私が20代にセールスをやっていた頃、営業の師匠から教えてもらい、ずっと実行して来たことです。

その時に聞いた内容がまさにエネルギー理論、科学なのです。

このやり方に従ったことで、私はトップセールスで何度も表彰されたり、何度も苦しい局面を乗り越えることも出来ました。

人が動く動機(モチベーション)を知って、相手のその気を引き出すことができれば、

次の段階のやる気にさせることができ、

セールスに限らず何でも活かすことができるというのです。

提言一つ目

危機感を与える(酸化、還元の法則)

人間の本当の能力を発揮出来る時は

夢や希望を描いてワクワクしている時ではなく、

ピンチに直面して、危機に即している時が

最高に行動の原動力になるのです。

つまり危機感(酸化)は最大のエネルギーです。

提言二つ目

損得勘定(相対の法則)、最初はその気から

誰でも得をしたいもので、損はしたくありません。

どうしたら得をするのか、

損するとどうなるという、

具体的な話しをすると誰でも勝手に損得勘定をします。

ここでも損はしたくないという危機感(酸化)がエネルギーを生むのです

提言三つ目

安心と信頼(段階の法則)、その気からやる気に

提言一、二と段階を追っていけば次第にその気から勝手にやる気になっていきます。

セールスをやっていると大概断られます。

予想通りです。しかし、

買わない人もいれば、買う人もいます。

この相対の概念がないと「買ってくれる人なんていない!」と思って自滅します。

また酷い断られ方をしたり、見込みが外れたりと酸化することばかりです。

エネルギー理論の法則に沿って行えば、

断り、困難は酸化ですからエネルギーになりますので、落ち込んで自滅することはありません。

酸化と還元、断りと成約、失敗と成功を繰り返し、実力と自信を段階を追って付けていけるのです。

その自信を見て相手は安心、信頼するのです。

いかがでしたか

お客さんもいきなり買う気で営業マンを待っていることは、

特に飛び込みセールスではあり得ませんから、

エネルギー理論、酸化と還元で揺さぶりながら

徐々にその気にさせ、

やる気に持って行くようステップを踏ませるようにします。

これはセールスに限らず、相手を自分のペースに巻き込むのでも、

恋愛にでも同じ法則を当てはめることが出来ます。

すべてはこの理(ことわり)から出来ているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました